2010年08月08日

シュトヘル(3)

出てからちょっと経ってしまったが買ってきました。


とりあえず処刑場の見開きでのユルール登場シーンがカッコ良かった!

後はアルファルド、そこそこ好きだったんで退場したのは残念。
まぁ下手にこれ以上生きてて執着されてもウザいだけのキャラになっちゃうので
退場するタイミングとしてはベストだと思いますがが。


三巻で過去編が終了して
シュトヘル(須藤)とユルールが再会した所に戻った訳ですが
もうすっかり現代での事頭から抜けてたから、一度場面が現代に戻った時には
「あ、そう言えばこう言う流れでモンゴルが舞台になってたんだった」
と一瞬ポカーンとしてしまったw

しかし1~2巻での本物のシュトヘルを知っていると
中身が須藤君なシュトヘルはユルールじゃなくても
「きみは…誰だ。」ってなっちゃうよなーそりゃあ><

最後に謎の女兵士が登場して次巻へ。
果たして須藤君の運命や如何に。
posted by 七月 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158805183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。