2010年05月09日

シュタゲドラマCD 無限遠点のアークライト

正確に書くとSTEINS;GATEドラマCDβ
「無限遠点のアークライト」ダイバージェンス1.130205%
うん、なげぇ。

なんだかんだで、ほぼ一週間放置してましたが今聴きました。
最後の方ちょっと泣きかけた。

後、今更ですがPCに移植されるみたいですね。
てっきりPS3かと思ってたけど、ゲハ争いに巻き込まれるのを避けたんだろうか。
個人的にはPS3だろうがPCだろうが
名作が多くの人に遊んで貰える様になるのは良い事かと思ってます。
追加要素もCG位でシナリオ追加されてる訳でも無いですし。
某ヴェスペリアみたいな、あからさまなのでも無ければね!

企画原案の志倉千代丸さんも言ってたみたいだけど
こう言う作品ってやっぱり語れる人が多い方が楽しいですしね。

今の所2chとこのBlogでとSteamのアイコンをダルにしてた時に
L4D2の野良試合で同じチームだった人に話振られて
「ダルいいですよねー」「いいですよねーダル」
なんて、そんな会話しかした事無いからね!

りpさんとほとちゃんはPC版予約したみたいだし
リアル友人も絶対買うしと息巻いてたので、漸く語れそうだ…
箱○に無い要素で盛り上がった時は我慢する!

以下ゲーム本編のバレあるよ。

前回は紅莉栖視点でしたが
今回はまゆり視点で、オカリンが紅莉栖を助けに行って
血まみれで帰ってくるまでの空白の一分間を補完する内容でした。

最初は聴いてて、ん?一年後?本編と違くね?
とか思っちゃってたけど、途中で気が付きました。
もっと早く気付けよとか思いつつも
話の進行に合わせて気付けた方が楽しいのでアリっちゃアリか。
オカリンを立ち直らせる為に鈴羽とまゆりはどれだけ犠牲に…

まゆりも着いていくーの流れで
あぁ、それであの場面、空白の一分間に繋がって
その後の本編に繋がるのね、と納得してたけど
最後のトラック聴いてる時には若干涙ぐんでますよ。
あのエンディングテーマのイントロ流れると相乗効果で涙腺に来る。

本編でも、真END以外は何か傷みや悲しみを伴ってるエンディングばかりで
エンディングの度にあの曲が毎度流れるから
イントロ聴くだけで凹んでくる曲ですよホント。
曲そのものは好きですけど。

バレスレ見て気付いたのだけど
ドラマCDのタイムマシンC203でトゥルーはC204みたい。
あの二人が自らを犠牲にしてまで
オカリンを立ち直らせたからこそのトゥルーだったんだなぁ。
そんな風に思うとまた最後のトラックでウルウルしてしまう。

さー次はある意味本命のγですね。
一体どんな内容になってるのか楽しみです。
posted by 七月 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家ゲー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。