2009年07月05日

NEO TOKYO°遊んでみたよ

未来(近未来?)の東京を舞台にした
攻殻っぽい世界観のHL2MODが出てたので遊んで見ました。

公式 Negitaku記事 同システム解説翻訳記事


ちょろっとしか遊んでませんが、簡単な感想を。


まずプレイヤーキャラの移動速度が遅くてモッサリ。
スプリントあるにはあるけど、それでも遅い。

ゲームのシステム的に、バンバン動き回って撃ち合うってよりも
各クラスの装備やゴーストの機能等を使って
自チームでカバーし合いながらジワジワと戦う感じ。
なので人によって合う合わないが大きいかも。
今の所、気になる面も少しはあるけど結構面白いです。

各クラスについて感じたのは

リコン→3クラスの中で一番機動力と隠密性に優れてる。

特に光学迷彩の長さと、スプリントゲージを大幅に消費するけど
結構な速度と距離を出すジャンプが便利。
反面体力少ないので真っ向から撃ち合うのは危なすぎる。
迷彩の長さを生かして待ち伏せ奇襲したり
足の速さを生かして背後に回り込んだりってのが有効なのかな。
ナイトビジョンは暗い所のあるMAPやってないので解らず。

アサルト→オールマイティ
なんかどれもこれもそこそこな万能タイプっぽい。
迷彩はリコンと比べるとかなり短いので、使い所が難しそう。
後、一応走れるけど雀の涙レベルの速度。
モーションビジョンは敵発見するのに結構便利。
だけど常時つけっぱだと止まってる敵に反応出来ない。

サポート→足遅すぎるし迷彩使えないけど、ライフは多い。
ダッシュ出来なくて移動がしんどいけれど
銃器は結構強いし、ライフも多いので
撃ち合いになっても撃ち勝てる可能性が高め。
ただし迷彩も使えないから敵からの奇襲受け易いかも。

スモークグレはBFとかも見習って欲しいLVの煙が出てビックリ。
投げてから煙が出るまで若干時間かかるけど
煙通すと本気で何も見えない。
味方のスモークが近くに落ちた時
余りの視界の悪さにとっても混乱しました><
サポート装備のサーマルビジョンは
このスモークと併用して真価を発揮しそうですね。

ゴーストは業と取らずに、取りに来た敵を待ち伏せたり
手に持って神経接続して敵の位置情報を味方にVCで伝えたり
扱い方を考える必要ありますね。


もうちょっとだけゲーム全体のスピードが欲しいかな
と思いますが、システム自体は面白いと思ってます。
アップデートされる内容次第で継続して遊ぶかどうかってとこですね。

とりあえずオートバランスは最低限欲しい…
あとはチームシャッフルとかもあればワンサイドゲームになり辛いのかな。
アンロックシステムは正直…

ゲーム内容以外の部分ですが
外国の方から見た日本って感じでMAP歩いてて面白いですw
明らかに周りの雰囲気に合ってない漢字や日本語が書いてあったり
かと思えばそれっぽく見える所もあったり。
どこか片言っぽい日本語のアナウンスが流れてたMAPもあったなぁ。


全然纏まらないのでココで切りますが
Sourceエンジン使ってるゲーム持ってる人ならタダで遊べるので
(steamのtoolタブからSourceSDK baseだけインスコしとく)
世界観とか雰囲気に興味が湧けば遊んでみるのも良いかも。
posted by 七月 at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。