2009年05月04日

うみねこEP4

EP4読み進め中ー
例のごとく殴り書き。


12年後の話はEP3の???で終わりかと思ったらEP4でも出てきました><
一応六軒島の二日間にもちょくちょく切り替わって進んでるけど
12年後の話の比重が大きめですね。
場面が頻繁に変わる所為か、凄い長く感じるなぁ。
ところでマリアージュ・ソルシエールって何だ一体。
人物名じゃなくて単なる同盟の名前?

ガーっと読み進めて、やっと第一の晩の犠牲者が。
今までとは違い金蔵爺さん大暴れでビックリですね。
実際に暴れてるのは召喚した使い魔ですけど。
あ、あくまでゲームの演出の通りに説明してるだけで
鵜呑みになんかしてないんだからねっ!

テストに答えてる譲治兄さんカッケー
あんな人の良かっただった兄さんが
こんな悪どい顔で自身と紗音以外は犠牲に出来ると言い切った…!
でも殺す順番は俺が選ぶから、まずは上等こいてくれた
爺さん一派のお前からな^^って中々やってくれるぜ!
おかげでジェシーの見せ場がちょっと霞んでしまいました。
いざとなったら本当にその覚悟があるって事なので
それはそれで恐ろしいんですけれど。

直後にあっけなくピンチに(´・ω・`)そりゃそうだけど
だが愛の力で復活した兄貴は悪魔を圧倒し始める!
……どうもバトル的な場面の描写は滑稽に見えるから困る。
さーてまた魔法バトルが幅を利かせてきたけど
現実的な演出に直すとするなら
一体どんなやりとりになるんだろうと気になりますね。

なんだこのピンポンピンポン出る数字と山羊の回想はw
死亡フラグ連続で立てるなwww
しかし真面目にやってるのかおちゃらけてるのか。
コメディだなぁこれは。

あちゃージェシーと兄貴かわいそす…
せっかく地下から脱出できた面々も次々と…

んー、何かわけわからん流れに。
戦人が忘れてる6年前の事ってなんだ。

実は戦人は本当の戦人では無くて
何らかの原因で死亡した(殺害された?)元々の戦人の名を
自分の事だと思っているとか?
態々、赤で「俺の名は右代宮戦人だ」なんて出すってこたぁ
名前こそ今の戦人を指してるけど
元々は別人って事を示してるとしか見えないし。
というかそもそも同姓同名もありえる訳だし
(この件に関しては偶然同じ名前ってのは無いだろうけど)
単にルドルフと明日夢の息子、本来の戦人とは別人だって事なのかな。

でも金蔵譲りの魔法抵抗力云々って話もあったし
ルドルフが親父で右代宮の血自体は引いているのかねぇ。
そもそもその辺りもオカルトと切り捨てれば解んないけど。

ちょっと進めたら流れ的にそれっぽい流れになってきた。
経緯は解らないけど、今の戦人は本来の戦人とは別人らしい。
で、ここからどうなるんだ><

12年後に陽気なBGMで場面転換してわらた。
昭和43年=ローザの誘いで抜け出して
ベアトが崖から転落死したあの年なんですかね。

霞叔母さん空気読めてねぇwww
うーん、この辺りの話もどうとって良いやら。

やっぱり金蔵の血自体は引いてるのかー。
紆余曲折ありーの一応戦人復活。
ってあれ、ここで終了?まだ二日目の続きが!

お茶会が続きになってた><
何と言うスピード感、むしろお茶会の方が面白い気が!
もう本当に後一歩の所で戦人死亡か。

うーん、最後の赤字↓ですが
………右代宮戦人。今から私が、あなたを殺します。
………そしてたった今。この島にはあなた以外誰もいません。
………この島で生きているのはあなただけです。島の外の存在は一切干渉できません。
………この島にあなたはたった一人。そしてもちろん、私はあなたではない。
………なのに私は今、ここにいて、これからあなたを殺します。
これ見る限りで思いつくのは
戦人も金蔵や嘉音の名前が世襲された可能性があると推理してたのと同じで
"あなた"が右代宮戦人って名を指す意味と、
二人称代名詞での意味の"あなた"を使い分けているのなら
明日夢の息子である本来の戦人が犯人で
主役戦人と同時に島に存在し、主役戦人を殺害しても矛盾はしない。
二行目と三行目のあなたを右代宮戦人に置き換えればって言えば簡単か。
あなたはたった一人。のあなたは、島に居る人間がたった一人。では無くて
全く同一の存在は君しか存在しないよって意味で。
これくらいしか浮かばないけれど他に何かあるかなぁ。

最後の???、34がバリバリ赤で切り裂いちゃってらー
普通に考えてみれば当たり前とも言えるけど。
仮説ぶっぱしてただけだからね><
この後のEPでどんなトリックだったかを徐々に解明してくのかぬー。
勝手にEP1~4出題編 EP5~8解答編とか思ってたけど
そもそも出題編とか解答編とかって括りは無いのかも。

EP4終えた時点での個人的な面白さは
EP1>EP3=EP4>>EP2って所でしょうか。
2千円弱でこんだけ楽しめれば万々歳だぜー。
結果を知って凹まない程度の期待だけして待つとしよう。
とりあえずこれでやっとネタバレに怯えずWikiが見れる!

ふと思ったけど、これのアニメ化って大変そうだなぁ。
posted by 七月 at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。