2009年04月14日

うみねこ

先週だか先々週だかに、偶々体験版が出てた事を知って
落としておいたまま放置してはや数日。
時間とやる気が揃ったので土日使って読み終えました。

読み終えたら案の定続きが読みたくなったので
製品版注文して、さっき届きました。
丁度出題編にあたるEP1~4が収録された時期に
この体験版の存在知ったのは良かったね。

ひぐらしと比べると確かに大人向けと言うか
こうドロドロとした嫌な大人像が目立つ場面も多いですね。
関係無いけど変な名前多すぎて笑った。
一応ゲーム内のキャラクターが自身で突っ込んでるので
あぁ、これも何かしらの意味があるのかな、と思えるけどもw

以下ネタバレ混じったりするかもなので一応追記。
そんな大した事も書いてないし
本編やってなきゃ頭にも残らん気はするので
別に見ても問題無い気がしなくもない。

言ってしまえば、ひぐらしでのオヤシロサマ(羽入の存在を知る前)が
近作での魔女ベアトリーチェって感じなんでしょか。
こう、人外の何かが起こす(起こしてるかもしれない)恐怖的な意味で。
まぁ羽入がストーキングして怖がられてたのに比べると
ベアトのはもうどんどん襲ってきてる感がありますが。
ちなみに↑の文はベアトが存在してるならっての前提で><

読んでた時に気持ち良かったのは
戦人が要所要所で魔女に否定的な目線からの突っ込み入れてくれる事かね。
さすが主人公格と言うべきか。
ただ突っ込みいれた後が、押し込めて無くて格好悪いんだけど!

クリア後のお茶会も本編の続き的な扱いで
ひぐらしと違って和めなくて苦笑。
様はあのお茶会が黄金卿的な扱いなのかー。

後はtipsがの人物紹介、立ち絵の表現がエグくて良いですね。
しかしエグくて良いって危ない人に思われかねない。


ひぐらしの回答編みたく、羽入やらL5やら山狗やら
え?えええ?アリなの?的な要素でまたガッカリする可能性もありますが
(実際今の今まで、うみねこ?うーん…と興味が薄れてた理由の一つ)
そうなったらそうなったで…
まぁひぐらし解決編もその辺りのガッカリ感はあれど
話自体は楽しめたし、うみねこもきっと><

果たして現実的なトリックだけで解明出来るのか
やっぱりファンタジー的な要素が混ざってくるのか!
解決編も全部出てから買おうかな、我慢できたら!


ともあれ興味が多少なりともある人は
体験版やってみるのも良いかと、EP1丸々入ってるので。
posted by 七月 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。